本文へスキップ

医療法人 社団 城山病院

TEL. 0985-85-0036

〒889-1604 宮崎県宮崎市清武町船引 238

心臓CT(冠動脈造影CT)HEADLINE

心臓病の検査には、心電図・胸部レントゲン・心エコー・心筋シンチグラムなどがありますが、より詳しく検査するには、カテーテル検査、もしくは心臓CT検査を行います。近年では、画像技術の進歩により、冠動脈の評価をカテーテル検査でしかできませんでしたが、CTで検査が行えるようになりました。
心臓CT(冠動脈造影CT)は、心臓に栄養を送る冠動脈の血管の状況や、心臓全体がわかります。
冠状動脈を検査することにより、冠動脈が細くなり、心臓に十分な酸素が送れなくなることによって起きる狭心症、心筋梗塞等の虚血性心疾患や、先天性の心臓や血管の走行異常などを、早期に発見することが出来ます。また、心臓バイパス術後の経過観察としても、冠動脈造影CTが用いられます。
心臓CT(冠動脈造影CT)検査は、心臓カテーテル検査とは異なり、非侵襲的に冠動脈の評価を行うことが出来ます。造影剤を使ってCT撮影を行った後、コンピューターを使って画像処理を行い、心臓や冠動脈を立体的に見せたり、冠動脈の血管の性状を見ることができ、心臓の状態や動き等を詳しく見ることができます。

  • メリット :@心臓カテーテル検査に比べ、安全で比較的短時間で検査を行うことが出来ます。         (検査時間は、CT室内に入ってから15〜20分ぐらいです)
          A入院の必要がなく、外来で検査が可能です。
          Bカテーテル検査に比べ、低コストで検査することができます
  • デメリット:@造影剤アレルギーのある方は、検査できません。
          A腎機能の悪い方は、検査が出来ない可能性があります。
          B息止めの不可能な方(20〜25秒)や、難聴の方でうまく息が止められず画像劣化の
           原因となる可能性があります。
          C冠動脈の石灰化が多い場合は、診断の精度が悪くなります。
          D造影剤の副作用(吐き気など)をともなったり、放射線被爆があります。
      

バナースペース


○
胃・大腸カメラ/ピロリ菌検査
大腸CT
栄養指導

栄養指導








医療法人 社団 城山病院

〒889-1604
宮崎県宮崎市清武町船引 238

TEL 0985-85-0036
FAX 0985-85-0139